コワーキン部

一人じゃ副業も筋トレも無理だったので、もくりでコワーキングを始めました。一緒にやれば、きっと力がでるよ。もくりID moritakesan

コワーキン部とは?

f:id:take-to7179:20210125205138j:plain

脱!三日坊主!

 

「一人で取り組んだことで、長続きしたことが思い浮かびません」

「一人だとついサボります」

 

あなたもですか。僕もです。

だからちょっと見張っててもらいたいんです。

そんな人のために、コワーキン部を作りました。

 

仕事に限らず、筋トレ、ダイエット、日記、座禅、音楽、ポエム、アート、写真、そろばん、けん玉、なんでもいい。

続けたい人のためのグループです。

毎日続けなくてもいい。

 

一人でできないなら、集まってやりましょうよ。

一緒にやればきっと力が出ますよ。しらんけど。

 

というわけで、コワーキン部を作りました。

 

どっかのSNSのように、投稿しなくていいです。

僕もほとんどしないと思います。

このご時世ですので、外で集まるってわけじゃなくて、もくりってアプリで集まって、「あ、今日も来てるんだ」と思えるだけでいいです。

 

で、たまには、お話しさせてください。


管理人もりさんより

もくりID moritakesan

 

ブレインダンプ

f:id:take-to7179:20210126202241j:plain

頭の中にある情報を紙にすべて書き出す行為を、ブレインダンプと言います。

ググるとたくさん出てくるので、やり方はそちらにお任せします。

ブレインダンプの何がいいかと言うと、要するに、頭の負荷を軽くすることができるということ。

coworkinbu.hateblo.jp

この記事でも言いましたが、「頭の中で何かを覚えておく」という行為は、とても脳力を浪費します。

その分、「考えることに脳力が使えていない」ということなんですね。

 

例えば、予定やタスクを覚えておくということだけでなくても、気になることに繰り返し頭を使うのも同じことです。

何かのアイディアを出したいとき、他のことが気になって気になって仕方がないようでは、おぼつきませんよね。

だから、頭の中にあるすべての情報を紙に書き出してしまおうというのがブレインダンプです。

 

ぜひやってみてください。

とても頭がすっきりするのを実感いただけると思います。

三日後に体に出るという考え方

f:id:take-to7179:20210214163443j:plain

トレーニーやボディビルダーは、「今日したことは三日後の体に出る」と考えるそうです。

レーニングも、食事も、効果が出るまでに中二日かかるということですね。

 

例えば、今日、飲みすぎてしまったとする。

そうしたら、残り二日を使って辻褄を合わせるんだそうです。

 

この考え方、素晴らしいなと思って。

 

僕の場合、長続きしない理由が、多分ですが、「すぐに結果がでないから」だと思うんです。

レーニングや断食をして、数時間で体が変わってくれたら、とても嬉しくて続けられる気がします。

 

でも、いつも三日坊主だったのは、次の日に体が変わっていることに気が付かなかったからなのかもしれません。

本当は少し変化していたのかも。

その変化は、あまりにも小さいのかもしれません。

 

そう考えると続けられそうです。

Clubhouseに招待されました

f:id:take-to7179:20210210074040p:plain

話題のClubhouseに招待されました。

実は、使い方がよくわかりません。

と言うのも、全部英語なんです。

 

どうやら音声通話が聞けるらしいのですが、どういう使い道があるのか、今のところ未知数です。

 

運転しながらの通話はお勧めしませんが、文字のSNSと違って、運転中も会話が聞けるというメリットは考えられます。

つまり、ラジオのような使い方が考えられますね。

生放送なので、言葉には気を付けたいですね。

 

「癒しの声」とかいう人も出てきそうな気配。

声に自信がある人はいいんじゃないでしょうか。

Googleサイトでウェブサイトを作る

f:id:take-to7179:20210207090215p:plain

今回は、Googleサイトのご紹介です。

いつもながらGoogleさんにはお世話になっています。

 

上の画像は、これからウェブサイトを作ろうとして、Googleドライブにアクセスしているところです。

ドライブにアクセスすると、左上に「新規」というボタンがあります。それをクリックすると選択ウインドウが開きますので、「その他」にポインタをのせます。そして開いた新しい選択ウィンドウから「Googleサイト」を選択します。

f:id:take-to7179:20210207090621p:plain

すると、こういう画面が開きます。

今、右サイドバーから「テキストボックス」をクリックした状態です。

使ってみるとおわかりいただけると思いますが、説明など不要です。めちゃくちゃ簡単に編集できます。

驚きなのは

f:id:take-to7179:20210207090850p:plain

右サイドバーの「画像」→「選択」と進むと、「Google画像検索」というタブがあることです。

ここでは、「ラーメン」と入力して表示してみました。素晴らしい機能です。

f:id:take-to7179:20210207091512p:plain

ちなみに、ラオウと入力しても、残念ながらラオウの画像は手に入りません。著作権にも配慮しているものと思われます。

さらに、

f:id:take-to7179:20210207091052p:plain

右サイドバーを下に進むと、他のアプリケーションと連携させることができます。

この機能で無料で使えるので、使わない手はありません。

 

特に、ペライチを作る機会が多い人には重宝しますよ。

linoでなぜなぜ分析をやってみた

f:id:take-to7179:20210203082043p:plain

linoit.com

linoという付箋アプリを使って、なぜなぜ分析をやってみました。

 

普段僕は、リアルに付箋を使ってなぜなぜ分析をやっています。

アナログのほうがはるかにスピードは速いです。

 

ですが、共有することになると、走り書きしているので、誰にも読めないかもしれません。
それに、外出先ではノートを持っていないこともあります。

だから、iPhoneで使える付箋アプリを探していて、linoを使い始めました。

f:id:take-to7179:20210203082456p:plain

この画像では、主題である「なぜ我慢して仕事をしなければならないのか?」という質問が、一番上にありますが、ノートを使うときは、ど真ん中にします。

これは、スマートノートのやり方を、そのままやっているからです。

何回か、なぜ?を繰り返すと、二つの理由が浮かびました。

なぜ今、我慢して仕事をしているかと言うと、他の仕事をやったことがないし、調べたこともない、つまり、情報不足だということが分かりました。

 

なぜ?の次に、どうする?と質問します。

今度は、出てきた答えを主題の上に展開していきます。

しかし、この例の場合、情報不足が原因なので、どうする?と質問すると、「情報を仕入れる」という答えが出て、それで終わりです。

 

さて、実はこの主題、二つの質問に分かれます。

f:id:take-to7179:20210203083038p:plain

「なぜ我慢して仕事しなければならないのか?」というのは、「なぜ我慢をしなければならないのか?」と、「なぜ仕事をしなければならないのか?」という、二つの質問に分かれます。

こうすると、より厳密に理由が思い浮かびます。

詳細に原因を突き詰めたいときは、こうやって質問を分割し、それぞれに対して答えていきます。

 

だけど、これに正解はありませんよね?

自分の中で腑に落ちればいいし、行動に移せればいい。

僕は、「新しい発見」を前提にしています。

やりがい

f:id:take-to7179:20210202085523j:plain

「夢」「目的」を持ちましょう

多くの自己啓発コーチングのセミナーなどで言われることですが、これがよくわからない、という方多いと思います。

むしろ、「あなたの夢は?」と聞かれて、即座に答えられる人のほうが少ないですよね。

これは、僕の見解ですが、多分

形式的に合っていないことで変な評価をされることを恐れる

からではないでしょうか?

 

例えば、「僕の夢はスパゲッティです」と言ってしまったら、「なんだそれ?」と失笑を買う、そんなイメージをしてしまう。

それが原因で、夢を語れないのではないでしょうか?

 

これは、自己啓発系のセミナーなどでよく、

「夢は具体的にしよう!〇年〇月までに、〇円稼ごう」

みたいな、「具体主義」が大きく影響しているように思います。

具体主義を信望している人が多数派になってしまったため、その形式が正解だと感じてしまうんですね。

 

僕は、夢はスパゲッティだろうが、じんわりしたいだろうが、ほっこりしたいだろうが、なんでもいいと思っています。

要するに、それが「今のやりがい」につながりさえすれば、それは夢と言える。

 

いくら具体的でも、毎日我慢を続けて、活動に意義を感じない。

そんな生き方は、夢につながる気がしません。

 

つまり、「今にやりがいを持てること」が夢と言えるのかなと。

やればいいことに手が付けられないときは

f:id:take-to7179:20210201202352j:plain

やればいいことはわかっているのに、色んな理由が思い浮かんでしまって手が付けられない。
そんなときは、「好きなおかずを先に食べる戦略」が役に立ちます。

僕らは、言ってしまえば色んなことを我慢しながら生きています。
そのせいか、我慢が標準になっています。

本当はもっと売り上げを上げたい!
とか、
本当はもっと休みたい!
とか、いろんな「こうしたい」があるはずです。

その我慢をやめて、夢につながる活動=夢活に取り組もう、というのが「好きなおかずを先に食べる戦略」です。

こちらからご覧ください。

好きなおかずを先に食べる戦略PDF